Wednesday, December 14, 2005

Perspective for the Modern Capitalist Society


20 世紀初頭アメリカでマーケティングは始まった。毎年、マーケティング論の講義はこのストーリーから説明を行う。ビッグビジネスの誕生、大量生産体制の 確立、そして寡占市場の成立といった一連の説明にかなりの時間を費やす。このストーリーの必然の中にマーケティングの本質はすべてあると考えているからに 他ならない。

もっともこのようなストーリーは、講義でどの程度取り扱うかは別として一般的に共有されている理解である。問題は、このマー ケティング誕生のストーリーを 受けて、その後の講義をどのように展開するのかにある。第1は、誕生ストーリーを前提にした上で、技術論的にマーケティングを説明する方法。第2は、自由 競争から寡占競争へという資本主義の不純化をペシミスティックに捉え、マーケティングの腐敗的な性格を嘆き、あるいは暴き立てる方法。そして、第3 は、誕生ストーリーに続く、経済発展へのマーケティングの貢献と、その破壊的性格を重層的に捉える方法である。

私は第3の立場を取りたい と考えている。これがマクロマーケティングのスタンスであり、マーケティング論に歴史的展望を吹き込む唯一の手段であると考えて いる。だが、このスタンスをとる研究者は少ない。ほとんどが第1の方法。あるいは第1と第2の混合である。この混合スタイルのたちが悪い。職のために、第 1の方法をとっているが、本質は第2と考えている。そしてやがて第2の方法を忘れる。ミイラ取りがミイラになったというやつである。

おや、面倒な話しになった。今日は1日、北原勇、伊藤誠、山田鋭夫『現代資本主義をどう視るか』青木書店、1997年を読んでいた。現代資本主義に対する展望なしに、マーケティングは語れない。いや、マーケティングの理解無しに現代資本主義は語れない...
(写真はT型フォード:トヨタ博物館にて撮影)

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home