Thursday, November 03, 2005

Macromarketing〜Remember the Titans

マクロマーケティング学会が結成されて今年は30周年である。フロリダで開催された本年度の大会ではGeorge Fiskなど結成時からのメンバーによる記念シンポジウムも企画された。時代の要請とともに、学会は規模を増していく。分科会活動も盛んになっている。し かし、活動が拡大するにつれて、基礎理論の求心力は失われていく。このような危機感を反映してか、今年の大会統一テーマはRemember the Titansであった。Aldersonなどの理論をいまもまじめに議論する学会のスタンスは貴重なものである。
いうまでもなくマクロマーケティン グというネーミングには、ミクロマーケティング/マネジリアル・マーケティング研究に対する批判が込められている。ある いは批判的マーケティング姿勢そのものがマクロマーケティングなのかもしれない。もっとも批判的というのは、=企業批判というわけではないのであるが。
マー ケティングを社会との緊張関係の中で論じる。あるいはその社会的意味を考えることこそ、マクロマーケティングである。変動期のマーケティングを理解す るためには不可欠の姿勢だと思われる。ブランド論の向こうに社会をいかにして見るか、Remember the Titansである。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home