Monday, November 14, 2005

Brand Hijack〜Is This Marketing?


Mac教の信者は、凡庸なWindows勢力の人々と理解しあおうなどとは思わない。空港のラウンジでBookを開く、遠くから歩いてくる見ず知らず男が、かたわらを通りかかった時に一瞬ニタっとすればそれだけで満たされる。ブランド族とはかくあるものなのかもしれない。
ア レックス・ウィッパーファース(酒井泰介訳)『ブランド・ハイジャック〜マーケティングしないマーケティング』日経BP社、2005年は、最新のブラン ドの書である。著者らは、ブランド族の分析にあたってカルト集団との類似性を指摘するに至る。とりわけブランドやカルトの「勧誘」方法の類似性に関心を示 している。両者における勧誘は、強制ではなく、誘惑を武器にする。少しずつ深みに入っていく。
マーケティング調査において、従来型のインタビュー などは意味をなさなくなっている。文化人類学的なアプローチが重要になったとしている。著者は、ブラン ド族(brand tribe)を、アーバン・トライブスとの関係のなかで説明している。もはや族化は社会的トレンドとなっているとされる。現役マーケッターの言葉であるだ けに説得力もある。これからの調査は、アーリー層の文化を深く調べ、確実に脈打っている社会的潮流を明らかにするものとなるという。
さて、ブラン ド・ハイジャックとは、消費者にブランドづくりはまかせよということである。マーケティングしないマーケティングのすすめである。いうまでも なくそれは文字通りではなく、より困難で緻密なマーケティングプロセスを意味する。スターバックスは通常の広告活動に資金を投入しないが、プロモーション 全体への支出額は他の企業と変わらないとされる。イーベイ、ナップスター、レッドブル、ディーン(民主党候補)、イケア、リナックスと、素材満載で、枠組 みもしっかりしていてぶれない。「いかした」ブランド本の誕生である。

2 Comments:

At 11/16/2005 7:29 PM, Anonymous boff said...

うぉ・・・・リンクが!
プ・プ・プレッシャー・・・・。

「ブランド族」と「クリエイティブ・クラス」と「アーバン・トライブ」ってのはオーバーラップしますか?
キーは「文化資本」でしょうか。

 
At 11/16/2005 10:35 PM, Blogger speedy said...

わたし的には、つながっているように思います。アーバントライブがもうひとつイメージできていないので、まだ予感ですが。とにもかくにも、tribeあるいはtribe的という点ではおそらく共通していると思います。これはなかなかいい線の、ネタのような気がしてきました。

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home