Sunday, July 31, 2005

7-Eleven: What's this?〜MPSA5

いつの頃からだろう。日本のコンビニが日常化したのは。私が大学生の頃、20数年ほど前のことであったよう に思う。プロジェクトXでおなじみのように、イトーヨーカ堂が米国サウスランド社(現7-Eleven社)とライセンス契約を結び日本セブンイレブン1号 店ができたのが1974年である。1980年に日本の店舗数が1000店、82年にPOS導入、そして83年には出店数が2000店となっている。現在で は日本1万店、アメリカ5796店、台湾3786店、・・・・・中国846店などとなっている。
現在、アメリカのセブンイレブンをコントロールし ているのは、日本のイトーヨーカ堂である。2005年2月に米国セブンイレブンは正式に日本セブンイレブンの子会社になっている。すでに数年前からかなり の株式を保有し本家を下支えしてきた経緯がある。日米関係の象徴のような話しである。感謝されるどころか、アメリカ小売業のイコンを奪ったと逆恨みされる ところまでそっくりといったら大げさか。しかもこの事実、ほとんど誰も知らない。流行っていないし、客も期待していないにもかかわらず、日本的な品揃えを しようという努力は散見される。「おにぎり」も導入されるらしい。子会社化が功を奏したのかどうか定かではないが、今年6月の売上は昨年同期に比べ 9.1%増大している。
アメリカには日本にあるようなコンビニはない。実のところ、アメリカに来る前には、日本のコンビニにはもううんざりしてい た。あの凡庸さと、公共サービスからゲーム購入までなんでもコンビニに任せようとする世間に嫌気がさしていた。折しも、老年層のコンビニ依存度が高まると の分析などが散見されるようになると、終わったなと、勝手に終止符を打っていた。まあ1年くらい少々不便な生活をしてもそれはそれでいいやと思っていた が、いざ暮らすと贅沢になるものである。コンビニが恋しくなる。嫌ってはいても、行かない日はないくらい依存していたのだから仕方ない。
このあた りでは、ガソリンスタンドに併設されたセブンイレブンが車で10分程度のところにある。10マイル(約16km)以内には7件存在する。ちなみに日本の私 のうちで見た場合、半径2.5km以内に4件、10km以内に10件、20km以内ではカウント不能となる。これでも日本ではかなり少ない方だと思われ る。さてここノースキングスタウンのセブンイレブン、名前だけである。日本のどんな田舎に行ってもあんなセブンイレブンはない。客がうろうろしたり、まっ たりするという風習がないので、実に居心地が悪い。私は必ずジュースのケースの前で悩んでしまうので、取り出すのに時間がかかる。そうしていると、ここで はかならず、「エクスキューズミー」と、いらいらした人々がドアを開けて、ジュースを取り出していく。みな滞在時間が1分ないのではなかろうか。この点 は、パコ・アンダーヒルの書物にも出てくる。彼も書いているように、アメリカでは客が飛び込んで、必要なものだけをさっさと購入して帰るそんな店がコンビ ニである。
大工のようなガタイのよい男が肩をゆらしてミルクを買っていく、それがアメリカのコンビニである。奥まで距 離のあるスーパーでは不便なのである。ところで、この「ガタイのよい大工のような男」であるが、もちろん文字通りの大工さんではないことがほとんどであ る。マッスル願望は日本の男の比ではない。しかもこの10年でまったくスーツを着なくなっている。知的職業従事者ほど着ない。しかも車はトラックである。 私には大工さんにしか見えない。日本のコンビニを支えるライフスタイルがアメリカには存在しない。日本が抱える悩みもアメリカには存在しない。村上龍の小 説に、引きこもりの少年が深夜にコンビニに買物に行くというシーンがあったのを覚えているが、その種の悩みはここには存在しない。
また、競合する 小売業者にも注目しておく必要がある。基本的に、かつて日本のコンビニがそうであったように、アメリカのコンビニはスーパーの補完である。したがって、 スーパーの方がはるかに見るべきものがある。また、ファーマシーのチェーン店も多い。見方によっては、このファーマシーのチェーンの方が日本のコンビニに 似ているといえるかもしれない。清潔だしアイテム数も多い。しかも他に比べると少しまったりしている。さらに特筆すべきは、小さな商店がたくさん残ってい るという点である。田舎、都会を問わず、残っている。コンビニが少ないというのはこの辺りの田舎の話しだけではない。セブンイレブンのサイトで、検索して みて驚いた。マンハッタン島にセブンイレブンは存在しない。そういえばない。いつも探しては、そのへんにあるデリとか、グロサリーストアに入っている。
ま た、郊外ではどんな街にもきれいな商店街が残っている。さすがにどれもこれも流行っているということはないが、日本のようなシャッター街は存在しない。ア メリカみたいにすっきりした流通をという人がいたり、それはけしからんと言う人がいるが、少なくとも、零細小売業は生きている。こういう言い方は不謹慎か もしれないが、まじめに商売をしている。商店は通常きれいだし、何か独自のサービスをしようとがんばっている様子がうかがえる。日本の場合...説明に苦 しんでしまう。いくらいいノウハウがあるからといって、それに従属することはせず、自立するというのがアメリカ流なのであろう。
アメリカに到着後 比較的早く気づいた日米の違いが、コンビニであった。すでに日本には、小売店の情報化のレベルと合わせて日米の比較をしている優れた業績が存在する。アメ リカでも日本のコンビニの情報化努力に学ぼう的な研究が存在するようだ。しかし、それを支えているライフスタイルとの関係で日米コンビニの差異を論じたも のは私が知る限り存在しない。サプライ---も業績量産インキュベーターの役割をそろそろ終えるであろう。この領域における英知の結集をのぞみたい。

http://www.sej.co.jp/index.html
http://www.7-eleven.com/
http://www.politicalgateway.com/news/read.html?id=2977
村上龍『共生虫』講談社、2000年
パコ・アンダーヒル(鈴木主税訳)『なぜこの店で買ってしまうのか〜ショッピングの科学』早川書房、2001年

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home